カラコン、いわゆるカラーコンタクトレンズとは色のついたコンタクトレンズで、10代から20代の若い女性に根強い人気がある。度の全く入っていない、美的な要素のみを装着目的として使うカラーコンタクトレンズもある。この度なしの物がある、というのは普通のコンタクトレンズとは大きく違うところである。そして、このカラーコンタクトレンズは自分の目に合った物が分かっていれば、誰でもすぐにインターネットなどで購入可能である。その自分にあった物というのは自分の目に合うDIA(直径)、BC(ベースカーブ)、そして度が必要ならばその度数の適合している物、という事である。視力が悪くない方で、コンタクトレンズそのものを一度も使った事のない場合、自分の目に適合しているDIA、BCがわからないはずである。そういう方の中には、カラコンを買いたいからという理由で眼科検診には行きたくないと思う方もいるであろう。


が、きちんと眼科に行く事を強くおすすすめする。それで、自分の目が健全であるかを正確に診断してもらう事がまず必要だからである。そして、自分の目に適合するコンタクトレンズのDIAやBCを教えてもらっていただきたいのである。それは、あとあとトラブルを起こさないで、長くカラコンを楽しむための大切な最初の一歩なのであるから。そして、装着を楽しむ段階になったら、使用方法を必ず守る事が肝心である。眼科医に言われた通りのスケジュールで検診を受け続け、少しでも異常を感じたらすぐに装着をやめ、眼科医に診てもらう事が大切である。そして、問題がなくても、あまりに長い時間装着しないように注意していただきたい。そういう基本的な事をきちんと守れば、あとは服のおしゃれと同じように、色々な物を試して楽しむ事が可能だ。日本人の濃い茶色の瞳の上には、レンズだけ見るとちょっと不思議な色や柄も、不思議と不自然さを感じさせず、キュートになるものも多い。中には明るい所で見た感じと、暗い室内で見た感じがかなり違う物もあり、なかなか面白いカラコンもある。


もちろん、かなりナチュラルな物もあり、年齢が少し高めの人でも似合いそうである。結婚披露宴などに出席する時の服装に合わせてもおかしくないくらいのシックなカラコンも中にはある。で、このカラコンのお値段であるが、度入りの物の方が高めである。そして、1日使い捨ての物がやはり毎日使うには高くつくが、毎日使わない場合などは、この1日使い捨ての物のほうがいいであろう。清潔であるから目の安全のためによい。せっかくお洒落を楽しむためのカラコン、長く上手に付き合っていただきたい。